パグの体臭を抑える

我が家のパグ

うちにはパグの子犬がいるんですが、これが結構臭います。
いわゆるところのパグ臭というやつなんでしょうか、
シャンプーして数日、ひどいときなら翌日にでも首筋あたりから
独特の「脂っぽい、獣クサい、犬クサい」ニオイがしてきます。

 

おそらくまだ子犬という事で、成犬用に比べて
栄養価の高いパピーフードを食べていることや、
成長過程で代謝が活発なことが、おもな原因かと思います。

 

ご近所のトイプードルやダックスを飼っている方に聞いても、
それほど犬本体からニオイを感じることはないそうで、
やっぱりパグは体臭きつめなのかな、と思います。
(個体にもよるのでしょうけど)

 

垂れ耳掃除も歯ブラシも、顔のシワ掃除もブラッシングも、
わりとこまめにやっていても、何やらにおう、うちのパグ。
飼い主の私も一応は、自他共にきれい好き・清潔好きで通ってはいるけれど、
パグがその体から放つ脂っぽい独特の「パグ臭」は、かなりてこずるニオイなのです。

 

使っているシャンプーの種類・あるいはシャンプーの仕方が悪いんじゃないの?など、
ペットの飼育に関して物知りな方々の言い分はいろいろあると思いますが、
とにかく、湿度が高く雨が多い時期など、
犬を室内飼いしているものの宿命で、家の中が非常に獣臭くなりがち
です。

顔のしわ・垂れ耳・歯ブラシも大事だけど

パグはいうまでもなく、短鼻でしわが多い顔をしてますから、
そのしわの間に食べ物のカスが溜まりやすいです。
なので、こまめなシワ掃除をしないと顔面そのものが臭って来ます。
ひどいときはそこが皮膚炎になったりもするので、
やっぱり顔のしわをキレイにしておくに越したことはありません。

座るパグ

それにパグは垂れ耳でもありますから、耳垢がたまりやすいらしいです。
うちのパグに関して、耳垢がよくたまると感じたことはありませんが、
わりここまめに耳の中をチェックしていますし、
コットンと犬の耳掃除用クリーナーでクチュクチュしてます。

 

歯ブラシは、毎日日課としてやっています。
犬は虫歯よりも歯周病になりやすいらしい、ということで
人間でも歯周病になれば、その口臭たるやえげつないほど臭いわけですから、
そうならないためにも、こまめな歯磨きを心がけてます。

 

・・と、このようにパグのその特徴的な顔に関してのお手入れ、
顔のしわ・垂れ耳・歯ブラシは、ニオイ対策としても大事なので、
せっせとやってはいるんですが、
それでもやっぱり、うちのパグはにおってくるのです。

 

シャンプーしても比較的早くにおってくる

パグとカンファペット

飼っている犬などを定期的にシャンプーすることは、
たしかに臭い対策に有効ですが、
過度のシャンプーでペットの体を洗いすぎることは、
体を守る皮脂を必要以上に洗い落として乾燥を招き、
皮膚病を発症する原因になるなどの悪影響を与えてしまいかねません。

 

うちの場合10日程度、早いときは1週間に一度は
シャンプーするようにしていますので、
犬のシャンプーの回数としては多いほうなんじゃないかと思いますし、
特にうちのパグのように、よくシャンプーしていても
比較的早くにおってくる場合、
これ以上、そうそう犬を洗ってばかりいられませんし、困ってました。

 

フードを変えてみる事が一番効果的にニオイを抑えるだろうということは
わかっているのですが、

 

大事なお客さんが急に家に来るときなど、
急いでそのパグのニオイを何とかしないといけない時があります。

 

カンファファペットを使う

カンファペット

カンファペットは、人体やペットに無害で安全な消臭剤なので、
ペットの体に直接スプレーして使うことが出来る優れものです。
目や口に入っても健康を害することがありません。

 

カンファペット初回限定お試しセット

 

うちはパグがちょっとにおってきたなと思ったら、
背中にシュッとスプレーしています
し、
毎日の散歩の後のパグの体の消臭に、とても便利です。

 

最近の研究によると、「犬も汗をかく」んだとか。
散歩の後のパグの体のニオイをいつも嗅いでいる私としては、
やっぱりそうだよな、となんだか納得。
脂っぽい汗による体臭、みたいな感じなんだろうと勝手に思いながら、
カンファペットをパグの背中に軽くスプレーしつつブラッシング、すっとニオイがおさまります。

背中にカンファペット

 

他にも肛門腺絞りをした後のお尻まわりの手入れに使ったり、
またペットのケージ周囲や、トイレ周辺って
毎日きれいに掃除していても、なんとなく、
どことなく残留したニオイを感じてしまうことがありますが、
そういうときにもカンファペットは除菌消臭効果が強力なので、
なんとなく漂う、おしっこやうんちのかすかなにおいの
元になっているものを分解除菌して、消臭してくれますし、
カーテンやソファー、壁紙に染み付いた、
「獣臭さ」のにおいの原因を分解して消臭できるのがありがたいです。

 

それに部屋の中の空気の消臭にもスプレーできます。
即効性があるので、来客前に使っておけば素早く効果的に消臭可能です。

ただし効果は1日程度

いくら便利なカンファペットといえど、体臭を抑える効果は1日程度です。

 

体臭は、代謝によってにおいの原因が次々発生しているため、
完全になくすことはできません。
あくまでもしばらくの間、ニオイを即効で消すということですね。

 

噛むおもちゃにも使える

噛むおもちゃの除菌消毒

うちのパグのお気に入りのおもちゃに、
ロープで出来た「噛むおもちゃ」があるんですが、
これ、2,3日そのままにしておくととんでもなく臭くなります。
鼻が曲がる勢いです。

 

このロープの噛むおもちゃ、
わりと買ってすぐニオイの問題に気が付いたので、
出来るだけ洗って天日干しするようにしているのですが、
ロープってしっかり乾くのには、わりと時間がかかりますし、
しかも乾いた後に、においを嗅いでみると、まだ若干臭かったりします。

 

やはりロープのおもちゃ自体、犬が噛むことによって
ロープ内部に唾液が染み込んでしまうため、
雑菌が繁殖しやすいんでしょうね、
とにかくこまめな殺菌消毒は必須です。

 

とはいえハイターなんかの次亜塩素酸に漬け込んで殺菌消毒するのは
犬が口に入れて噛ンで遊ぶおもちゃでもあるので、安全性が気になるし、
あとは煮沸消毒でもしないと、このきついニオイを取るのは無理だし、
最悪、買ったばっかりだけど捨てるしかないかな・・と思ってたんですが、
カンファペットを使ったら解決しました。

 

洗った後⇒天日干し⇒カンファペットをスプレー⇒天日干し、というプロセスにしたところ、ニオイがしっかり消えていました。
実はこれもカンファペットのいいところなんですが、
ハイターなど漂白剤の次亜塩素酸による消毒とは違って、カンファペットは犬が口に入れても安全なので、
こういった、犬が噛んで遊ぶおもちゃの殺菌消毒にも最適だと思います。

 

カンファペット初回限定お試しセット

フードを変えてみる

どうしても体臭が臭ってしまうのは、フードのせいもあるかもしれないので、
どうせなら消化と品質のよいフードに替えてみるのもいい機会かもしれません。

 

もともと体臭がある犬種の場合、フードを替えてみて
どこまで体臭が抑えられるのか、それぞれの犬の個体差があるので
なんとも難しいところですけれど、消化がいい良質なフードにしてやることで、
腸内環境の負担を軽減できたのか、きつい体臭が少し軽くなりました。

 

完全に体臭がなくなったわけではありませんが、
それでも一番きついときに比べると半分くらいの体臭になったように思います。

 

うちの場合はグレインフリードッグフードの『モグワン』や、あるいは『カナガン』等を
与えてみて、様子を見てみました。

 

もし、愛犬の体臭が気になっているのであれば、まずはフードを変えることで、
体臭抑制に効果があるのか試してみるといいかなと思いますね。